2020年2月28日〜2020年3月1日の日記

2020年2月28日(金)

レズっ娘事務所出勤。

朝、おすずがカービィのソフビをくれた。

久々みんな揃うのと、新型肺炎の対応なども含めて話をする……とのことでミーティングがセットされた。みんなそれぞれバラバラに会うことが多いので、久々に顔を合わすと、ばば〜っと話が進んだり新たな提案がなされていく。

それにしても新型肺炎の影響は計り知れず恐ろしい。とはいえ、キャストとお客さんが一番不安に感じるところでもあるだろうから、私にできることをしていくしかない。とはいえ、何ができるかさっぱりなので、今のところは、どっしりと、いつもどおり過ごすことくらい……かな。

夕方仕事を終えてから、シカクに移動する。
閉店の少し前に到着して、予定していた作業を開始する。前の日にたけしげさんが新型肺炎に対するシカクの方針みたいな文章をアップしていて、それがたくさんの方に読まれていたのですごいですねえ、みたいな話をしながら作業した。

こういう時ってどうするのが正解なのかまったくわからない。不要不急の外出を控えるのも間違っていないだろうけど、予定通り開催されるイベントに行ってお金を使ったり気分転換するのも間違っていないと思う。できる限り自衛して、まわりにも配慮して、いつもどおり過ごすっていうのが結局のところ自分なりの答えになるんかなぁ、と思ったりする。

この日は結構遅くまで作業する予定だったのと、ホテル業界大変そうなので東横を予約してみた。近場で泊まるの贅沢な感じするけど、少しでもお金使いたいなぁと思った結果。

運良く東横の駐車場に車を停めれたので、遅い時間でもあいてる酒場にちょっと寄って、すこしだけ飲んで寝た。

2020年2月29日(土)

朝、チェックアウトギリギリに目が覚めて慌てて支度する。

急ぎでしないといけない作業があるのにMacの電源を忘れてしまって、シカクに行って作業することにした。昼過ぎまで作業をして、そこから納品・返品で移動したり、打ち合わせをしたりでバタバタ動き回る。

夕方、飛田新地にある永信防災会館で開催の「飛田新地プロレス」を“感染”するため、移動する。この飛田新地プロレスは、暗黒プロレス組織666(あんこくプロレスそしきトリプルシックスと読みます)が新しく旗揚げしたブランド。666主催の試合を観戦することを「感染」と呼ぶんだけど、このタイミングではなんとも言いにくい単語だなぁと苦笑いしてしまう。

なかば無理やりに「お祝いさせてください」とお願いして花輪をお送りさせてもらった。イカつくて派手な色合いの花輪に仕上げてくださって、とってもよかった。

肝心の試合はノンツイート令が敷かれているので書けないけど、とても楽しかった。

物販もいろいろ買った。

この試合の前々日にラム会長のインスタライブでコメントしたら、ラブホ探訪を紹介してくださったのでチェキの時にお礼を伝える。ようやくご挨拶できて嬉しかったなぁ。

2020年3月1日(日)

昼、京橋に向かう。

今日は666の選手がポートレートを撮影する場所としてホテル富貴をセッティングさせてもらった。少し前に、毒美さんからラブホテルでの撮影がしたいとご相談いただいていて、実現した話だった。

こういう、ロケーションコーディネイトみたいなことって実は初めてで(TVのロケハン同行とか、提案とかそういうのはあったけど)いろんな方の協力あって実現した感じだ。とても嬉しいしわくわくする。

少し早くに着いてしまったので、近くの商店街を散歩して、待ち合わせ時間少し前に富貴へ向かう。

オーナーにご挨拶して、666御一行を客室まで私がご案内させていただくことに。荷物がたくさんあったので、二手に分かれての移動。第一陣をエレベーターに乗せて、第二陣とともに待っていた時、666のスタッフの方に「あの、ピエール瀧の番組出てませんでしたか」と聞かれた。「わ!出てました!もしかして観てくださいましたか!」と聞くと「観ました、私電気好きで……」とお話ししてくださって、めちゃくちゃ嬉しかった。もう一年以上経つけど、今でもたまに言われるから、しょんないTVってやっぱめちゃくちゃ人気だったんだなぁ。

お部屋について説明後、オーナーに別件の相談でお時間をいただく。合間に、毒美さんや他の選手たちも到着し、ポートレート撮影の相談も進んでいく。毒美さんの提案でみなさんと記念撮影もしてもらってめちゃくちゃ楽しかった。

帰りに買い物など済ませて、自宅に戻る。

夜Twitterを見たら毒美さんやラム会長がタグをつけて今日の撮影の様子をツイートしてくださっていた。めちゃくちゃ良い作品になっている予感しかしない。

残った仕事をしながら、空気階段の踊り場#149を聴く。

これがものすごい神回だと思った。ドキュメンタリーラジオっていうのはよく言われてて、空気階段のラジオ本当におもしろくって大好きなんだけど、こんなに胸がギュイイイイイってなるのは辛い部分もありながら、当のお二人には幸せになってほしいなぁと思った。かが屋も空気階段も、これからも応援したい。

最新情報をチェックしよう!