商店街の脇道でほっこり営業中の隠れ家喫茶・純喫茶バンビ【和歌山・新宮】

[aside type=”warning”]この記事は旧webサイト「終末トラベラー」内にて2015年1月15日に公開した記事の移植です[/aside]

 

新宮へ

看板からして、営業してるかもわからないけど、とりあえずその看板だけでも拝みたくて、紀南の大きな町、新宮市へ。新宮駅からほど近い、仲之町商店街にバンビはあるらしい。この仲之町商店街自体、なかなかパンチの効いた商店街だ。

 

View this post on Instagram

 

仲之町商店街 #和歌山 #新宮市 #新宮 #仲之町商店街 #商店街 #仲之町 #昭和遺産

逢根あまみさん(@aineamami)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#和歌山 #新宮市 #新宮 #仲之町商店街 #仲之町 #商店街 #昭和遺産 #レトロ #看板 #フォント#大衆食堂

逢根あまみさん(@aineamami)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#和歌山 #新宮市 #新宮 #仲之町商店街 #仲之町 #商店街 #昭和遺産 #レトロ #看板 #フォント #コクヨ

逢根あまみさん(@aineamami)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

新宮ブルーチップセンター #和歌山 #新宮市 #新宮 #仲之町商店街 #仲之町 #商店街 #昭和遺産 #レトロ #看板 #フォント

逢根あまみさん(@aineamami)がシェアした投稿 –

なんだか静か…

到着したのが15時頃だったせいか、それとも週末だったせいか、それともこれが過疎化なのか、商店街の半分くらいはシャッターが閉まってた。なんだか不安だ。バンビは開いているだろうか。仲之町商店街の端っこがみえてくるころ、そこにはひっそりと…。

バンビの看板!

決して大きいものではないけれど、その存在感はものすごかった。

路地の奥には入り口が

人がすれ違うことも難しそうな狭い路地の先で、看板がぼんやりと灯っていた。中に入ると、ふんわりとコーヒーの香りがして、「いらっしゃい」と、奥さんがあたたかく迎えてくれた。店内はカウンターのみで、5~6人が座れる、お世辞にも広いとは言えないけど、うっすらと暗くてジャズがながれ、とてもとても落ち着く雰囲気。コーヒーを注文すると、「新宮の人?」と声をかけられた。いいえ~、京都から。と答えると、「えらい遠いとこからありがとうね~」と、笑顔の奥さん。その場にいたお客さんのおばあちゃんも交えて、新宮の町についてとか、奥さんの家族の話とか…。たわいもないけど、でもあったかい時間を過ごせたなぁ。寒いからね、とあめをくれたり、おかきなどのお茶菓子も振る舞ってくださった。

ちなみに、バンビは前述のとおり、狭い店内なので厨房も狭いため、食事の類のメニューはなし!(唯一、抹茶ケーキはあるみたい)

まとめ

非常に趣と愛情に溢れる素晴らしい喫茶店。看板はもちろんだが、サイフォンのコーヒーも立地もなにもかもが最高!お世辞にも行きやすいとは言いにくいが、行く価値は大いにある。

喫茶バンビ

住所:和歌山県新宮市大橋通2丁目4−2

[aside type=”warning”]営業時間は9時半頃~6時頃。お客さんの入りによって変わるらしい。[/aside] [amazonjs asin=”4781614515″ locale=”JP” title=”純喫茶、あの味”] [amazonjs asin=”4766131479″ locale=”JP” title=”クリームソーダ 純喫茶めぐり”]
最新情報をチェックしよう!