2018年の手帳のはなし

私は昔から文房具が大好きで、中でも手頃な価格帯の筆記用具と、手帳が大好きです。
別に習い事をしているでもない、バリバリバイトをしているでもない学生時代から、秋頃になると早くも次の年の手帳を探しに出かけてはソワソワしていました。
それは大人になっても変わらず、忙しい仕事をしているわけでもないし、プライベートが充実しているわけでもないけど、毎年変わらずソワソワソワソワしていました。

そんな私ですがここ数年、campusノートのダイアリーを使っていました。本当はほぼ日みたいなズッシリ重い手帳が好きだけど、書くことも、持ち歩くところもない……いい加減、その事実に目を背けず、身の丈にあった手帳を使わないと手帳が可哀想ではないのか、と。
どうせ、体調管理と使った金額しか書かないのだから、大きなマンスリーさえあれば事足りる、との考えで安心のcampusダイアリーを選んでいました。

ところが昨年、ありがたいことにいろいろなイベントに関わらせていただいたり、シカクでのバイトが決まったりと徐々に「書けること」が増えたのです。このチャンスを逃さず、今こそズッシリ重い手帳を買ってやるぞ!!と、いつものソワソワを倍増させるように文房具屋へ通い、ネットでも調査を重ねました。

しかし、諦めてからの数年、シンプルなものを使ってきたので今更機能性の高いものを使いこなせる自信もない。なんなら、使いこなせずにたった数か月でほったらかす自信の方がある。そんな中、永井博展でデルフォニックス大阪を訪れ、ロルバーンダイアリーの存在を知りました。

シンプルなマンスリーページの後ろは方眼罫のノート。紙は少し黄みがかっていて、目に優しそう。一番後ろには便利そうなクリアポケットもついている。表紙もしっかりした厚紙で立ったままでも筆記できそう。

「これや〜〜!!」

と、買ったのがこれ。

ちょいと奮発して、オレンジのカバー付きを購入しました。奮発と言ってもお手頃価格なのが嬉しいですね〜。

予想通り、真っ白の紙より見やすいし、方眼罫は何かと融通がきいて便利。裏写りも少なくて良い!嬉しがりで、買ったらすぐ使いたい私にピッタリな10月始まりも嬉しいポイントでした。

今年と来年、どうぞよろしくね!ロルバーン!

最新情報をチェックしよう!

文房具のことの最新記事8件